オランダ・アルメールの賃料上昇率はアムステルダムの6倍

オランダ・アルメールの賃料上昇率はアムステルダムの6倍

Sponsored Links オランダ全国的に賃料が高騰 住宅供給不足による賃料の高騰はアムステルダムやロッテルダムの大都市部だけでなく、近郊の都市部でも著しい上昇となっています。 2018年第3四半期の調査によると、新規賃貸契約時の家賃は再び上昇傾向となった。 行政ではなく個人もしくは企業が所有し、賃料は自由に設定可能なフリーセクターでは昨年同時期比プラス5.3%になっている。 第2及び第3四半期共におけるロッテルダムとアイントホーフェンの2都市では、アムステルダム、ユトレヒト、デン・ハーグの3都市よりも高い上昇となった。 これら5大都市の中ではロッテルダムが年間14.3%となり最大の上昇率となる。 ※ロッテルダムの家賃上昇については以前の記事でもお伝えしています。 アムステルダムでは賃料は天井だと思われていたが3.5%上昇が見られており、アムステルダム中心部での平均賃料は100㎡当たり月額2283ユーロにもなっている。 一方、ロッテルダムにおける100㎡当たりの平均月額賃料は1650ユーロとなっている。全国的平均では5.3%上昇で月額1604ユーロになる。 大都市近郊部での賃料が高騰 Almere (アルメール)はアムステルダムの東約30km、アムステルダム中央駅から電車で約30分の距離にあるオランダで最も新しく誕生した街。 ここアルメールのフリーセクターでは賃料が年間20,5%上昇しており、平均月額賃料は100㎡当たり1259ユーロにもなっている。 オランダの12都市では新規契約時の賃料が7%上昇となった。 またUtrecht (ユトレヒト) から電車で東に約1時間の距離にあるApeldoorn(アペルドールン)、 オランダ東部のドイツに隣接したEnschede(エンスへデー)でもそれぞれ15.4%、18.6%増となり、いずれもロッテルダムを上回った。 オランダ都市別平均賃料TOP10 (as of Q3 2018) 1. Amsterdam €22.83/㎡ 2. Amstelveen €19.15/㎡ 3. Haarlem €18.85/㎡ 4. Leiden €16.97/㎡ 5. Utrecht €16.56/㎡ 6. Rotterdam €16.49/㎡ 7. Den Haag €15.91/㎡ 8. Delft €15.07/㎡ 9. Hilversum €14.69/㎡ 10. Eindhoven €14.62/㎡   Sponsored Links

オランダ・ロッテルダムの平均賃料がデン・ハーグを抜く

オランダ・ロッテルダムの平均賃料がデン・ハーグを抜く

Sponsored Links ロッテルダムの賃料が高騰 オランダの不動産賃貸サイトParariusによる2017年Q4時点の住宅調査報告によると、ロッテルダムの平均賃料がデン・ハーグを超えたと発表した。 ロッテルダムの港湾エリアでは過去12ヶ月間で新規契約時の平均家賃は12,65%上昇し、デン・ハーグでの平均平米単価15,82ユーロよりも17セント上回った。 また、ロッテルダム中心部ではアムステルダムの平均平米単価19,42ユーロに追いつきつつあるとも伝えている。 ロッテルダムは最近特に人気が高く、賃料が高いアムステルダムの代わりとしてこのエリアに住む人口も増えているなどが賃料高騰の原因となっている。   アムステルダム・その他の地域の状況 アムステルダムは新規契約時の平均平米単価は22,79ユーロ(月額€1500で65平米以下)と、依然として最も賃料が高い地域ではあるが、年間での賃料上昇率は2,3%と少し落ち着きつつある。 その他オランダの地域で賃料が8%以上の上昇していたのが、Nijmegen、Enschede, Den Bosch, Eindhoven, Tilburg これらの上昇が見られた地域とは逆にFriesland(フリースランド)やDrenthe(ドレンテ)では家賃が下がっている。 これらの都市ではプライベートセクターで平均平米単価は9ユーロ程度となり、20,66ユーロのNord-Hollandの半分以下になっている。  

“Body&SOUL Beauty”がOPENしました!

“Body&SOUL Beauty”がOPENしました!

アムステルダムで今後私の妻が運営する美容マッサージのサイト制作を行いました。 bodyandsoulbeauty.nl アムステルダムやアムステルフェーン周辺でお住まいの方で、日常の家事やお仕事または遊びなどでお疲れの身体をゆっくりほぐしながら心身共に癒して頂けます。 施術場所はアムステルダムの自宅となります。 また周辺エリアであれば出張も可能です(費用は別途)。   私自身オランダへ移住する前は10年間程東京に住んでいましたが、身体が疲れた時やコリをほぐしたい時などは本当によくマッサージ店に足を運んでいました。 2016年にアムステルダムに引越してきて以来、普段自転車で市街地を走る時など結構意識してマッサージ店を探していますが、想像以上に店舗数が少ないことがわかりました。またアムステルダム在住の友人からも日本語が通じるマッサージを探していたという声をわりとよく聞いていたので、実際そうではないかと思います。   以前、妻は日本のホテル内の併設スパやスタジオでセラピストをやっていました。 その時の経験をオランダでもいかし、皆様の健康のお手伝いにお役に立っていきたいと思います。   オランダで生活していると、やはり美容や健康の分野においても世界でも有数の先進国であることがわかります。ヨーロッパ大手スーパーチェーンのLIDLや、アムステルダムで特に多く見られるAlbert Heijn(アルバートハイン)スーパーでもBIO製品は当たり前のように売られています。 EKOPLAZA*やMarqtなどのようにBioをコンセプトとしたスーパーなどオーガニック製品のみ取り扱うスーパーも多く存在します。最近では以前の記事で取り上げたように、全製品プラスチック不使用の梱包素材を使用するなど新しい試みも出てきているようです。 Body&SOUL Beautyでも施術に使用するオイルやクリームなどは身体にやさしい成分のみで作られたオーガニック製品のみを使用します。 また、美容のオイルには非常に貴重なモロッコ原産のアルガンオイルを使用しています。 アルガンオイルはモロッコ南西部地方のみに生息するアルガンノキから採れる油。 1リットルの油を抽出するためには約30kgの実が必要で、非常に手間と時間をかけて作られます。その貴重性からアルガンオイルは「モロッコの黄金」とも呼ばれています。 このアルガンオイルにはビタミンEが非常に豊富に含まれているため肌のはりやツヤを保ちます。また今後Body&SOUL Beautyでは美容用途だけでなく販売も行う予定となっています。   サイトの構成とデザイン 今回は美容系のサイトということで女性からの閲覧が多くなることが予想されるため、できるだけシンプルでわかりやすい構造にしています。 そのため情報量をできるだけ絞り込み、1ページで完結させられるようシングルページ仕様にしました。 最近ではPCよりスマートフォンからのアクセスが圧倒的に多いため、スマホ(iOS, Android)でも崩れることなく表示されるようレスポンシブ対応にしています。 施術予約もサイト上で行って頂けます。 施術内容を数種類から選択し、出張などオプションサービスの付加、また予約可能時間帯のみ表示させるようにしています。これでダブルブッキングの心配はありません。 また決済方法は、オランダでは主要決済手段となるピン(デビットカード払い)に対応しています。もちろん当日現地での現金払いも可能にしています。 今後は旅行者でも支払いが可能になるようクレジットカード決済も追加予定です。 外部情報サイトやSNS(Facebook, Pinterest, Instagramなど)連携、またオープン後のサイト運営に役に立つアクセス解析コードの埋め込みや設定も行っています。 GoogleやYahoo!などの検索エンジン最適化(SEO)、またターゲティング広告の設定も最低限ですが行っています。広告はランニングコストとなるため許容範囲の予算内で最適化が可能です。 弊社では各種事業内容に沿ったシンプルなウェブサイトの制作も承っています。 オランダやヨーロッパで事業展開をされる個人事業主・法人様のコーポレートサイトやキャンペーンサイト(LP)をご検討の際は一度お問い合わせ下さい。

IMD世界競争力ランキング2018 オランダはヨーロッパで首位

IMD世界競争力ランキング2018 オランダはヨーロッパで首位

2018年度IMD国際競争力ランキングによるとオランダが全世界では4位、ヨーロッパでは首位になったと発表した。 1位には米国が返り咲き、昨年首位だった香港は2位になった。 日本は昨年度から1ランク上がり25位。 IMD World Competitiveness Ranking このIMD世界競争力ランキングは、経済力、物価、雇用、対内投資などの「経済状況」、財政状況、法人税率、ビジネス法制度、公的機関の対外開放度などの「政府の効率性」、経営者の意識、金融環境、労働市場、文化の閉鎖性などの「ビジネスの効率性」、基礎インフラ、科学インフラ、外国語能力、通信費などの「インフラ」の計300を超える指標を用い、経済状況、政府の効率性、事業効率、インフラ整備の4つの項目を総合して決定される。 1989年から開始し今回で30周年となる今年のランキングでは世界63の国・地域を対象とされている。 Netherlands on top in Europe オランダは2017年から1ランク上げヨーロッパでは首位、全世界でも4位になった。 オランダは2016年は8位、それ以前は15, 14位からの躍進になっている。特にインフラ、言語スキル、流通などは全体で首位、全体的な教育システムでは3位、大学の教育システムが2位となっており、教育水準の高さも大きな要因ともなっている。 スイスは輸出の減少により前年度2位から3ランク下げ5位となっている。 2018 Top 10 competitive countries globally 米国は経済状況とインフラが評価され前年度より3ランク上げ全世界1位に返り咲いている。 2位に香港、シンガポールと続く。香港は政府の安定性と効率性が評価されている。 1. 米国 2. 香港 3. シンガポール 4. オランダ 5. スイス 6. デンマーク 7. UAE 8. ノルウェー 9. スエーデン 10. カナダ For more information visit the IMD website.

アムステルダム 新開発エリア特集 Vol. 4 “Het Bajes Kwartier(バイエスクォーター)”

アムステルダム 新開発エリア特集 Vol. 4 “Het Bajes Kwartier(バイエスクォーター)”

前回ご紹介したHet Amstelkwartier(アムステルクォーター)に隣接する新開発エリアになります。 この Het Bajes Kwartier(バイエスクォーター)は元刑務所跡地に建設されるということでも注目されています。 Bajes Kwartier(バイエスクォーター)はアムステルダム南東部のアムステル駅付近の開発地区で、アムステルダム中心部からは自転車で約15分、またアムステルダム南部地区のオフィス街エリア(Zuidas)やOost(アムステルダム東部地区)にあるサイエンスパークへも同様の距離。 BIjlmerbajes(ベイルマーバイエス) BIjlmerbajes(ベイルマーバイエス)は1978年から2016年6月1日まで使用されていた高層刑務所跡地で、アムステルダムのランドマークとしても知られている。 ややこしい名前だがBIjlmerbajes(ベイルマーバイエス)はBilmer(ベイルマー)ではなくOveramstel(オーバーアムステル)にある。正式名称ではPenitentiary Amsterdam Over-Amstel(PIA-OA)となっている。 アムステルダム中心部の住宅供給不足を解決するため、アムステルダムが南北に拡大されるにつれ、この刑務所跡地が地理的に新都市開発エリアの中心となり、BIjlmerbajes(ベイルマーバイエス)は付近住民が集うカルチャースペースに開発されることになっている。 現在は多くの移民や難民向けに将来社会で活躍できるためのワークショップや言語クラスなども行われている。2018年3月よりLola Lik社からBajes Kwartier BVへ所有が変わっているが、Lola Lik社によって運営されていたMOVEMENT HOTEL(ムーブメント・ホテル)やレストランなどはそのまま継続されている。 Het Bajes Kwartier(バイエスクォーター)開発計画概要 Bajes Kwartier(バイエスクォーター)はOMA、LOLA Landscape Architects社、FABRICation社の3社より計画され、アムステルダムの不動産開発会社AM社が8,4億ユーロでこの土地を買収した。 この7.5ヘクタールの敷地に延べ床面積135000平方メートルの建物が建設され、”Bajes Kwartier(バイエスクォーター)”という呼称となる。 2018年3月にBajes Kwartier BVへBijlmerbajesの所有権が移り、2018年9月から刑務所棟一部の解体が開始され、2019年1月から施工開始となる。居住開始は2021年、2023年にプロジェクト完了予定となっている。 規模は住戸数1,350。販売物件と賃貸共に作られる。うち約30%は家賃が比較的抑えられたソーシャルハウジングのセクターとなる。 高層刑務所棟の6棟のうち1棟の元刑務所は解体され、グリーンタワーとして生まれ変わる。ここはオランダの最新農業技術が融合されたバーチカルパークとなる。 BIjlmerbajes(ベイルマーバイエス)中心に位置する元管理棟はアートやデザインセンターに作り変えられる。他にもレストランやヘルスセンター、教育施設、公園、地下駐車場なども開発計画に含まれている。 サーキュラーエコノミーのモデル都市 Bajes Kwartier(バイエスクォーター)はサスティナビリティー(持続可能な社会)と環境への影響をゼロにすることを大きな課題としているため、建物や公共スペースはデザインの段階からエナジーフリーとなるよう設計されている。 刑務所跡地解体後のコンクリートや素材など約98%は再利用されることになっている。監房で使用されていたドアやバーは橋の一部として再利用されることにもなっている。 このエリアに建設される建物に供給されるエネルギーは、主にこのエリアでソーラーと風力で作られることになっている。蓄えられたエネルギーは電動自動車、街頭などにも使われる。また近隣のデータセンターで発生する熱を住居の温熱システムとしても再利用される。 これらの技術によりBajes Kwartier(バイエスクォーター)全エリアへ温熱の供給が可能となるためここでもガスは使用されない。オランダは2050年までに全土で撤廃となる件は以前の記事でもお伝えしています。 Bajes Kwartier(バイエスクォーター)では雨水をグリーンタワーを中心とする緑化された各建物のルーフで集められ、さらに浄化された上でこのエリアに提供される。また、周辺環境の空気を綺麗にするために緑を豊富にするだけでなく、自動車の往来も極力削減されることになっている。 住居や各施設などから排出されるゴミはバイオガスとして地熱システムの供給にも使用される。 これらの最新建築技術が投入されるBajes Kwartier(バイエスクォーター)ではサスティナブルエナジーや素材のリユースなど試験的なエリアとなり、アムステルダムでサーキュラーエコノミーを象徴するモデル都市となる。  

オランダ都市部で住宅価格上昇率は過去5年で40%

オランダ都市部で住宅価格上昇率は過去5年で40%

オランダの住宅価格上昇は以前からお伝えしていますが、特に人口が集中するアムステルダムやハーグを中心とした大都市のみでなく、隣接する郊外地域における住宅価格も勢いが増しているようです。 Delft(デルフト)のリサーチ会社Calcasa社は、オランダ国内15の都市における住宅価格上昇率が過去5年で40%、またそれら以外の都市部でも同期間で平均25%の上昇になっていることを発表した。 特に慢性的な住宅不足が続いているアムステルダム、ロッテルダム、ユトレヒト、デン・ハーグの4都市やそれらの郊外エリアにおける住宅価格の高騰がオランダ全体の平均住宅価格の底上げに大きく影響していると見られている。過去5年アムステルダムだけでも都市部で65%、アムステルダム郊外でも45%以上も上昇している。 また、Almere(アルメーレ)の住宅価格がアムステルダムよりも早いペースで上がっていることも発表している。 オランダのスキポール国際空港では近年トラフィックが増加対策として、今後EU間や国内線の発着はLelystad(レリースタッド)空港に役目が移動されることになっています。このためアムステルダムから車や鉄道でのアクセスがしやすく、レリースタッド空港までの中継地点ともなるアルメーレでは近年ホテル開発などが進み、多くの経済効果が期待されている地域です。このエリアにおける住宅価格上昇の大きな理由は主にこれかと思われます。 ユトレヒトでも同様に住宅価格上昇の傾向が同様となり都市部で42%増、また郊外では30%増となっていた。 一方ロッテルダムではその他都市部とは少し様子が違っている。ここは2016年のQ2まで目立った価格上昇がなかったためで、最も人気の港湾部でも過去2年で27%増、それ以前の3年間では17%増となっている。 デン・ハーグでは過去5年の平均住宅価格上昇率は43%、郊外地域で33%となっている。 またデンハーグ郊外にある南ホラント州Rijswijk(レイスウェイク)の住宅価格上昇率はデン・ハーグよりも高い上昇率となっていた。

世界初の完全プラスチックフリーのEkoplaza LAB(エコプラザラボ)

世界初の完全プラスチックフリーのEkoplaza LAB(エコプラザラボ)

自転車から10分以内の距離に新しく作られた世界初の完全プラスチックフリーのEkoplaza LAB(エコプラザラボ)に行ってきました。 Ekoplaza(エコプラザ)は環境と健康に配慮されたオーガニック製品を扱うスーパーでオランダ各地に展開されている。同じくオーガニック製品を取り扱うMarqt(マルクト)同様、現在アムステルダムでは10店舗程がある。   Ekoplaza LAB(エコプラザラボ)はイギリスのA Plastic PlanetとEkoplazaによる取組みで、世界初のプラスチックで作られた包装を一切使用しないスーパーとなる。2018年2月にOud-West(オールドウェスト)のJan Pieter Heijestraatの同店舗隣にオープンした。 このエリアは観光客にも人気のVondelpark(フォンデルパーク)から徒歩でも行ける距離で、バーやカフェ、オーガニック系のレストランなども多く点在する地元でも人気がある地域。 Ekoplaza LABでは、店内で販売されている約700種類の商品の全てが生分解可能な素材で作られた袋で包装されている。 実際に触ってみるとプラスチックのような感触で、言われなければ気付かないかもしれない。 店内の照明は落とし気味なのか、全体的に少し暗い感じがした。 EKOPLAZAは今後オランダに展開する全74店舗にもプラスチックフリーコーナーの設置を計画している。 食品や飲料の包装は他の物へ転じるのが困難で汚染もされやすく新たな価値を生むのが困難となりサーキュラーエコノミーには属さないとされている。食品販売業のセクターはプラスチック包装の需要は全体の40%も占めている。   世界では毎分100万本以上のボトルが消費されており、そのうちのほとんどが飲料用として使われているが、リサイクルされているのはたった9%以下となっている。これは水をその場で浄化するテクノロジーを使って消費ボトルの本数をなくす取り組み。 高機能な浄水器を置いてるだけのような気もするが、オランダでは一部問題にももなっている水に溶け出している化学薬品まで綺麗になるのであれば素晴らしいかもしれない。

オランダ住宅価格相場はついに天井へ

オランダ住宅価格相場はついに天井へ

2017年のオランダにおける住宅価格は平均8.2%上昇となり、ポルトガル、アイルランドを除く西欧諸国の中では最も速いペースとなった。 17カ国でそれぞれ3年と5年の2種類の調査を行った不動産評価会社Calcasa社によると、オランダの住宅価格は過去3年間で約21%以上の上昇したことを発表した。 また両方の調査ではアイルランド、スェーデン、ポルトガルが最も高い上昇率となった。 オランダでは2012〜2017年では他の西欧諸国のような住宅価格の急上昇は見られなかった。 2012〜2013年にはオランダで住宅価格下落の影響により、過去5年間での上昇率は他の国と比べ緩やかになった。

オランダ経済、過去10年で最高の成長率

オランダ経済、過去10年で最高の成長率

オランダ経済は2017年に3.1%の伸び率となり過去10年では最高の成長率となった。 これまでの過去最大の成長率を記録したのは2007年で3.7%増だった。   2017年度は特に投資、輸出、消費など広範囲にわたっての増加となり、投資に関しては昨年比6%増となった。 特に住宅をはじめとする機械、植物、自動車、会社の建物などでは多くの資金が投入され、商品やサービスの輸出は機械設備により5%上昇となった。また化学品の輸出も前年度を上回っている。 再輸出は輸出よりも高くなっており、輸入も前年比4.9%増加となった。   国内消費では衣類、家具、電化製品の売上高が上位を占め2016年比1.8%増となるが自動車販売は減少となった。 消費の増加は雇用の増加と住宅市場の更なる回復に沿ったものであった。   オランダ中央銀行は12月、2017年度のGDPは3.3%増加になったことを発表しており、 CBSは6月には3.3%の成長を予測している。

欧州高速鉄道ユーロスター、ロンドン・アムステルダム路線2018年4月に開通

欧州高速鉄道ユーロスター、ロンドン・アムステルダム路線2018年4月に開通

英国と欧州大陸を結ぶ高速鉄道ユーロスター(Eurostar)は、英ロンドン(London)からオランダ・アムステルダム(Amsterdam)の路線は4月4日の運行開始を発表した。 英ロンドンの発着駅はセント・パンクラス(St. Pancras)駅となり、所要時間はロッテルダム(Rotterdam)まで3時間01分、アムステルダムまで3時間41分。ロンドンからオランダへの路線では車内でのチェックなどは必要とされない。 アムステルダムからロンドンへは、ベルギー・ブリュッセル(Brussels)でタリス(Thalys)高速鉄道からユーロスターへの乗り換えとセキュリティチェックが必要となる。所要時間は少なくとも4時間40分。現在3国間での出入国管理の協議に時間がかかっているため直行路線の開通は2020年以降となる。 ロンドンからアムステルダム路線の乗車料金は2種類で40ユーロから。 運行車両は、オランダの鉄道と互換性のある新型車両e320となり2015年以降ロンドン・パリ路線と同型となる。