Brexitの影響によりロンドンからオランダへの移転する企業が増加

Brexitの影響によりロンドンからオランダへの移転する企業が増加

Sponsored Links オランダではBrexit(英国のEU離脱)を懸念材料とする欧州諸国への移転など活発な動きが出てきています。 英国の欧州離脱(Brexit)に伴い、ロンドンなどから多くの企業がオランダのアムステルダムを始めとするオランダの各都市に拠点を移していますが、NFIA(オランダ経済省企業誘致局)から2018年度の動きに関する統計結果が報告が更新されています。(2019年2月9日) 2018年度にBrexitによる影響によりオランダで事業を開始した企業の数は42社となり、それに伴い1923の新たな雇用の創出となった。 2017年11月にはEMA(欧州医薬品庁)が現在のロンドンからアムステルダムへの移転を発表しているが、これによりアムステルダムでは900の雇用創出も予想されている。 またこの年には同じくBrexitの影響に伴いオランダへ移転が行われた企業の数は18社であった。 英国の欧州離脱による懸念からオランダでの事業拠点を発表している企業としては日本の農林中金、メディア企業のTVT Media, 金融サービスのMarketAxessやAzimo、海事保険業のUK P&Iなどが挙げられる。 2018年度全体では外国企業合計372社によるオランダへの合計投資額は約28,5億ユーロとなり、9847もの雇用が創出された。 オランダで最も多くの雇用を創出している外国籍企業は多くが米国企業となり英国、中国、日本、ドイツが続いている。 [ 参照: DutchNews.nl ] Sponsored Links

IMD世界競争力ランキング2018 オランダはヨーロッパで首位

IMD世界競争力ランキング2018 オランダはヨーロッパで首位

Sponsored Links 2018年度IMD国際競争力ランキングによるとオランダが全世界では4位、ヨーロッパでは首位になったと発表した。 1位には米国が返り咲き、昨年首位だった香港は2位になった。 日本は昨年度から1ランク上がり25位。 IMD World Competitiveness Ranking このIMD世界競争力ランキングは、経済力、物価、雇用、対内投資などの「経済状況」、財政状況、法人税率、ビジネス法制度、公的機関の対外開放度などの「政府の効率性」、経営者の意識、金融環境、労働市場、文化の閉鎖性などの「ビジネスの効率性」、基礎インフラ、科学インフラ、外国語能力、通信費などの「インフラ」の計300を超える指標を用い、経済状況、政府の効率性、事業効率、インフラ整備の4つの項目を総合して決定される。 1989年から開始し今回で30周年となる今年のランキングでは世界63の国・地域を対象とされている。 Netherlands on top in Europe オランダは2017年から1ランク上げヨーロッパでは首位、全世界でも4位になった。 オランダは2016年は8位、それ以前は15, 14位からの躍進になっている。特にインフラ、言語スキル、流通などは全体で首位、全体的な教育システムでは3位、大学の教育システムが2位となっており、教育水準の高さも大きな要因ともなっている。 スイスは輸出の減少により前年度2位から3ランク下げ5位となっている。 2018 Top 10 competitive countries globally 米国は経済状況とインフラが評価され前年度より3ランク上げ全世界1位に返り咲いている。 2位に香港、シンガポールと続く。香港は政府の安定性と効率性が評価されている。 1. 米国 2. 香港 3. シンガポール 4. オランダ 5. スイス 6. デンマーク 7. UAE 8. ノルウェー 9. スエーデン 10. カナダ For more information visit the IMD website.

世界初の完全プラスチックフリーのEkoplaza LAB(エコプラザラボ)

世界初の完全プラスチックフリーのEkoplaza LAB(エコプラザラボ)

自転車から10分以内の距離に新しく作られた世界初の完全プラスチックフリーのEkoplaza LAB(エコプラザラボ)に行ってきました。 Ekoplaza(エコプラザ)は環境と健康に配慮されたオーガニック製品を扱うスーパーでオランダ各地に展開されている。同じくオーガニック製品を取り扱うMarqt(マルクト)同様、現在アムステルダムでは10店舗程がある。   Ekoplaza LAB(エコプラザラボ)はイギリスのA Plastic PlanetとEkoplazaによる取組みで、世界初のプラスチックで作られた包装を一切使用しないスーパーとなる。2018年2月にOud-West(オールドウェスト)のJan Pieter Heijestraatの同店舗隣にオープンした。 このエリアは観光客にも人気のVondelpark(フォンデルパーク)から徒歩でも行ける距離で、バーやカフェ、オーガニック系のレストランなども多く点在する地元でも人気がある地域。 Ekoplaza LABでは、店内で販売されている約700種類の商品の全てが生分解可能な素材で作られた袋で包装されている。 実際に触ってみるとプラスチックのような感触で、言われなければ気付かないかもしれない。 店内の照明は落とし気味なのか、全体的に少し暗い感じがした。 EKOPLAZAは今後オランダに展開する全74店舗にもプラスチックフリーコーナーの設置を計画している。 食品や飲料の包装は他の物へ転じるのが困難で汚染もされやすく新たな価値を生むのが困難となりサーキュラーエコノミーには属さないとされている。食品販売業のセクターはプラスチック包装の需要は全体の40%も占めている。   世界では毎分100万本以上のボトルが消費されており、そのうちのほとんどが飲料用として使われているが、リサイクルされているのはたった9%以下となっている。これは水をその場で浄化するテクノロジーを使って消費ボトルの本数をなくす取り組み。 高機能な浄水器を置いてるだけのような気もするが、オランダでは一部問題にももなっている水に溶け出している化学薬品まで綺麗になるのであれば素晴らしいかもしれない。

オランダ経済、過去10年で最高の成長率

オランダ経済、過去10年で最高の成長率

オランダ経済は2017年に3.1%の伸び率となり過去10年では最高の成長率となった。 これまでの過去最大の成長率を記録したのは2007年で3.7%増だった。   2017年度は特に投資、輸出、消費など広範囲にわたっての増加となり、投資に関しては昨年比6%増となった。 特に住宅をはじめとする機械、植物、自動車、会社の建物などでは多くの資金が投入され、商品やサービスの輸出は機械設備により5%上昇となった。また化学品の輸出も前年度を上回っている。 再輸出は輸出よりも高くなっており、輸入も前年比4.9%増加となった。   国内消費では衣類、家具、電化製品の売上高が上位を占め2016年比1.8%増となるが自動車販売は減少となった。 消費の増加は雇用の増加と住宅市場の更なる回復に沿ったものであった。   オランダ中央銀行は12月、2017年度のGDPは3.3%増加になったことを発表しており、 CBSは6月には3.3%の成長を予測している。

欧州高速鉄道ユーロスター、ロンドン・アムステルダム路線2018年4月に開通

欧州高速鉄道ユーロスター、ロンドン・アムステルダム路線2018年4月に開通

英国と欧州大陸を結ぶ高速鉄道ユーロスター(Eurostar)は、英ロンドン(London)からオランダ・アムステルダム(Amsterdam)の路線は4月4日の運行開始を発表した。 英ロンドンの発着駅はセント・パンクラス(St. Pancras)駅となり、所要時間はロッテルダム(Rotterdam)まで3時間01分、アムステルダムまで3時間41分。ロンドンからオランダへの路線では車内でのチェックなどは必要とされない。 アムステルダムからロンドンへは、ベルギー・ブリュッセル(Brussels)でタリス(Thalys)高速鉄道からユーロスターへの乗り換えとセキュリティチェックが必要となる。所要時間は少なくとも4時間40分。現在3国間での出入国管理の協議に時間がかかっているため直行路線の開通は2020年以降となる。 ロンドンからアムステルダム路線の乗車料金は2種類で40ユーロから。 運行車両は、オランダの鉄道と互換性のある新型車両e320となり2015年以降ロンドン・パリ路線と同型となる。

2017年 オランダで最も高級なエリアはBloemendaal(ブルメンダール)

2017年 オランダで最も高級なエリアはBloemendaal(ブルメンダール)

全国的に住宅価格が上昇しているオランダでは、2017年度の住宅平均価格の上昇は一昨年度よりもさらに加速しているようです。   CBS調査の発表によると、2017年度オランダで最も住宅平均価格が高い地域はHaarlem(ハーレム)にあるBloemendaal(ブルメンダール)で平均価格は77万6千ユーロだった。 2016年の全国平均住宅価格の26万3千ユーロをはるかに上回っている。 また最も低いのがDelfzijl(デルフゼイル)港湾部となり、住宅平均価格は14万1千ユーロ。 Bloemendaal(ブルメンダール)の平均住宅価格は2016年度の調査でDelfzijl(デルフゼイル)の5倍だったのが、2017年では5.5倍となった。   Bloemendaal(ブルメンダール)以外では、Waasenaar(ヴァッセナール)、Laren (ラーレン)、Blaricum (ブラリクム)、Heemstede (ヘームステーデ)でも平均価格が50万ユーロを上回っている。Heemstede (ヘームステーデ)での昨年度の平均価格は44万8千ユーロだった。   2017年の調査では、約80%の都市でが平均価格帯が19.5万〜33.7万ユーロになり、その他10%が19.5万ユーロ以下はグローニンゲン、フリースランド、リンブルグ州などオランダの端にある都市となる。Delfzijl(デルフゼイル)は唯一平均価格15万ユーロ以下となった。 残り10%の価格帯は33.7万〜77.6万ユーロとなり、住宅平均価格40.6万ユーロのアムステルダムも含まれる。    

オランダの水上建築技術がビジネスを加速させる

オランダの水上建築技術がビジネスを加速させる

オランダ発の水上に浮かぶ建築技術が欧州や世界各国での需要が増えてきているようです。 アムステルダムにはIJBURGという水上に浮かぶ世界最大の住宅街があります。   以前私が生活していたカナダのトロントでは、 オランダと共同でウォーターフロント開発を行っています。   日本では関西を流れる淀川堤防はオランダの治水技師によって作られたものですね。 https://www.wallpaper.com/architecture/latest-floating-architecture-projects