IMD世界競争力ランキング2018 オランダはヨーロッパで首位

IMD世界競争力ランキング2018 オランダはヨーロッパで首位

Sponsored Links

2018年度IMD国際競争力ランキングによるとオランダが全世界では4位、ヨーロッパでは首位になったと発表した。
1位には米国が返り咲き、昨年首位だった香港は2位になった。
日本は昨年度から1ランク上がり25位。

IMD World Competitiveness Ranking

このIMD世界競争力ランキングは、経済力、物価、雇用、対内投資などの「経済状況」、財政状況、法人税率、ビジネス法制度、公的機関の対外開放度などの「政府の効率性」、経営者の意識、金融環境、労働市場、文化の閉鎖性などの「ビジネスの効率性」、基礎インフラ、科学インフラ、外国語能力、通信費などの「インフラ」の計300を超える指標を用い、経済状況、政府の効率性、事業効率、インフラ整備の4つの項目を総合して決定される。

1989年から開始し今回で30周年となる今年のランキングでは世界63の国・地域を対象とされている。

Netherlands on top in Europe

オランダは2017年から1ランク上げヨーロッパでは首位、全世界でも4位になった。
オランダは2016年は8位、それ以前は15, 14位からの躍進になっている。特にインフラ、言語スキル、流通などは全体で首位、全体的な教育システムでは3位、大学の教育システムが2位となっており、教育水準の高さも大きな要因ともなっている。

スイスは輸出の減少により前年度2位から3ランク下げ5位となっている。

2018 Top 10 competitive countries globally

米国は経済状況とインフラが評価され前年度より3ランク上げ全世界1位に返り咲いている。
2位に香港、シンガポールと続く。香港は政府の安定性と効率性が評価されている。

1. 米国
2. 香港
3. シンガポール
4. オランダ
5. スイス
6. デンマーク
7. UAE
8. ノルウェー
9. スエーデン
10. カナダ

For more information visit the IMD website.

Sponsored Links


Related posts

Brexitの影響によりロンドンからオランダへの移転する企業が増加

...

Continue reading

世界初の完全プラスチックフリーのEkoplaza LAB(エコプラザラボ)

...

Continue reading

オランダ経済、過去10年で最高の成長率

...

Continue reading