アムステルダム 新開発エリア特集 Vol. 3 “Het Amstelkwartier(アムステルクォーター)”

アムステルダム 新開発エリア特集 Vol. 3 “Het Amstelkwartier(アムステルクォーター)”

Sponsored Links Amstel(アムステル川) Amstel(アムステル川)は南ホラント州からアムステルダム中心部の各運河へ接続しアイ湾へと流入する全長31kmの川で、アムステルダムの語源にもなったことでも知られています。 今回はアムステルダムの南東部、アムステル川沿いのDe Omval(デ・オンヴァル)地区に開発されるエリア、Het Amstelkwartier(アムステルクォーター)をご紹介します。   ユトレヒトやロッテルダム方面へ連絡するアムステル駅やPHILIPSの本社ビルが建つアムステルビジネスパークがあるこのエリアは近年高層マンションも建設されており急速に開発が進んでいます。 アムステルクォーターは、デ・オンヴァルを南北に走るSpaklerweg(スパクラー通り)の西側から南はDuivendrecht(ダイフェンドレヒト)までのアムステル川に囲まれた自然環境豊かな街の建設が計画されています。   旧南部ガス工場跡地 (Zuidergasfabriek) ここには1909年から1967年までガス工場があった場所で、工場跡地に残る6棟の建造物は記念建造物として保護されており、今後は住居としても使用されることになる。開発に先駆け2015年から1年間かけて工場跡地の土壌汚染対策も行われた。   Het Amstelkwartier(アムステルクォーター)開発計画概要 工事期間は2005年から2020頃までとなり、3300戸の住居に学校や公園に小さな港、その他ホテルやレストラン、ケータリング向けのビジネスエリアなども建設予定となっている。 第1フェーズは既に一部完了しており、住居数1500戸や学校施設、Somerlust公園が作られています。 2018年中頃開始の第2フェーズでは、住宅数1500戸、ショッピングセンター、学校施設などの建築や公園の整備も行われることになっており、住宅のセグメンテーションはソーシャルハウジング40%、高級住宅20%、一般住宅40%に分けられます。 セントラル駅まではメトロSpaklerweg(スパクラー通り)駅から51, 53, 54番で所要時間は8分。 アムステルクォーターから西側はアムステル川が広がり視界が遮られないため開放的な街になりそうです。   以下は完成予想イメージ Sponsored Links

アムステルダム 新開発エリア特集 Vol. 1 “Het Hamerkwartier(ハーメルクォーター)”

アムステルダム 新開発エリア特集 Vol. 1 “Het Hamerkwartier(ハーメルクォーター)”

Sponsored Links 移住者の急増にともない住宅供給不足が続くアムステルダムでは市街地の拡大が進められています。 ここでは将来アムステルダムに誕生する街が誕生する開発計画区域を紹介します。 Amsterdam Noord(アムステルダム・ノールト) アムステルダムの中でも今後の発展が期待されるエリアでも特に注目のAmsterdam-Noord(アムステルダム・ノールト)。 現在建設中のメトロNoord/Zuid線(2018年7月開通予定)でセントラルへ直結するため交通の便も良くなります。               ただ、Noordでこれから盛り上がりそうなエリアはメトロ沿線だけではないようです。   Het Hamerkwartier(ハーメルクォーター) セントラル駅からフェリーで渡れるIJpleinから少し北へ進んだ辺りに交差するHamerstraat(ハーメル通り)。 この辺りは19世紀から1980年代半ばまで造船所や金属加工など多くの工場が密集していた産業エリアで、ここに2020年から2040年にかけて大規模な開発計画が進められHet Hamerkwartier(ハーメルクォーター)と呼ばれる街が作られます。     1980~90年代にかけ、この辺りにあった運送会社などが撤退して以降、GSUSやPand Noordなど様々な業種の新しい企業、またカフェやレストランなどが集まりクリエイティブなエリアに変貌を遂げている。 約500㎡の開発区域には6700戸もの集合アパートや60mの高層アパートから構成される住宅、総面積22万㎡の商業エリアには学校や介護施設、レストランやカフェなど、その他文化施設などが建設予定になっている。 住居はソーシャルハウジングや中間層向けの賃貸及び購入物件、また高所得者向け物件など様々な収入層やセグメントへ対応する。同市のサステナビリティ推進計画によりこの地域もガスを使用しない環境に配慮される。             この辺りは自転車道や歩道などインフラも再整備される予定で、フェリー乗り場のSixhavenからJavaアイランドまで橋が建設されるため自転車でセントラルまで行けるようになります。 Noordのこの辺りがセントラルと繋がってしまえば、2040年頃のアムステルダムでは位置的にほぼ中心になるため今後の大きな可能性がありそうです。                

オランダへの移住について

オランダへの移住について

オランダへの移住と起業について 1912年にオランダと日本で結ばれた日蘭友好通商協定が2014年に見直されたことにより、 日本戸籍保有者のオランダの労働市場へのアクサスが自由に出来るようになりま した。   起業家やフリーランスとして滞在許可の取得が可能なため、 オランダで生活してみたいという方にとっては短期間で実現させられる方法となります。   オランダは環境面やインフラが非常に進んでいます。 また教育のレベルも非常に高く、治安も安全で日本人にとってはとても住みやすい国と言えるでしょう。 世界的にも人柄が良いことで有名なオランダ人は、英語も非常に堪能でコミュニケー ションも取りやすいことで有名な国です。     オランダ移住のメリット 「外国人や他の文化」に対してとてもオープンで親切 「インフラや法制度が整備」されている 「子供の幸福度世界NO.1(ユニセフ調査)」で、子供にとって天国だと言われている。 生活水準が高い(日本人にとって住みやすい) 「日蘭修好通商条約」、「労働ビザなして働くことが可能」 日本やヨーロッパ他国への「アクセスが非常にGOOD」 「教育レベルが高い」 「日本・アジアの食事に困らない!」 「ゴッホ、フェルメール、レンブラント」など美術品の宝庫である。 「国際、芸術、文化的なイベント」が多い。街に活気があり、おしゃれなカフェが沢山、ファッションも素敵。