アムステルダム 新開発エリア特集 Vol. 4 “Het Bajes Kwartier(バイエスクォーター)”

アムステルダム 新開発エリア特集 Vol. 4 “Het Bajes Kwartier(バイエスクォーター)”

Sponsored Links 前回ご紹介したHet Amstelkwartier(アムステルクォーター)に隣接する新開発エリアになります。 この Het Bajes Kwartier(バイエスクォーター)は元刑務所跡地に建設されるということでも注目されています。 Bajes Kwartier(バイエスクォーター)はアムステルダム南東部のアムステル駅付近の開発地区で、アムステルダム中心部からは自転車で約15分、またアムステルダム南部地区のオフィス街エリア(Zuidas)やOost(アムステルダム東部地区)にあるサイエンスパークへも同様の距離。 BIjlmerbajes(ベイルマーバイエス) BIjlmerbajes(ベイルマーバイエス)は1978年から2016年6月1日まで使用されていた高層刑務所跡地で、アムステルダムのランドマークとしても知られている。 ややこしい名前だがBIjlmerbajes(ベイルマーバイエス)はBilmer(ベイルマー)ではなくOveramstel(オーバーアムステル)にある。正式名称ではPenitentiary Amsterdam Over-Amstel(PIA-OA)となっている。 アムステルダム中心部の住宅供給不足を解決するため、アムステルダムが南北に拡大されるにつれ、この刑務所跡地が地理的に新都市開発エリアの中心となり、BIjlmerbajes(ベイルマーバイエス)は付近住民が集うカルチャースペースに開発されることになっている。 現在は多くの移民や難民向けに将来社会で活躍できるためのワークショップや言語クラスなども行われている。2018年3月よりLola Lik社からBajes Kwartier BVへ所有が変わっているが、Lola Lik社によって運営されていたMOVEMENT HOTEL(ムーブメント・ホテル)やレストランなどはそのまま継続されている。 Het Bajes Kwartier(バイエスクォーター)開発計画概要 Bajes Kwartier(バイエスクォーター)はOMA、LOLA Landscape Architects社、FABRICation社の3社より計画され、アムステルダムの不動産開発会社AM社が8,4億ユーロでこの土地を買収した。 この7.5ヘクタールの敷地に延べ床面積135000平方メートルの建物が建設され、”Bajes Kwartier(バイエスクォーター)”という呼称となる。 2018年3月にBajes Kwartier BVへBijlmerbajesの所有権が移り、2018年9月から刑務所棟一部の解体が開始され、2019年1月から施工開始となる。居住開始は2021年、2023年にプロジェクト完了予定となっている。 規模は住戸数1,350。販売物件と賃貸共に作られる。うち約30%は家賃が比較的抑えられたソーシャルハウジングのセクターとなる。 高層刑務所棟の6棟のうち1棟の元刑務所は解体され、グリーンタワーとして生まれ変わる。ここはオランダの最新農業技術が融合されたバーチカルパークとなる。 BIjlmerbajes(ベイルマーバイエス)中心に位置する元管理棟はアートやデザインセンターに作り変えられる。他にもレストランやヘルスセンター、教育施設、公園、地下駐車場なども開発計画に含まれている。 サーキュラーエコノミーのモデル都市 Bajes Kwartier(バイエスクォーター)はサスティナビリティー(持続可能な社会)と環境への影響をゼロにすることを大きな課題としているため、建物や公共スペースはデザインの段階からエナジーフリーとなるよう設計されている。 刑務所跡地解体後のコンクリートや素材など約98%は再利用されることになっている。監房で使用されていたドアやバーは橋の一部として再利用されることにもなっている。 このエリアに建設される建物に供給されるエネルギーは、主にこのエリアでソーラーと風力で作られることになっている。蓄えられたエネルギーは電動自動車、街頭などにも使われる。また近隣のデータセンターで発生する熱を住居の温熱システムとしても再利用される。 これらの技術によりBajes Kwartier(バイエスクォーター)全エリアへ温熱の供給が可能となるためここでもガスは使用されない。オランダは2050年までに全土で撤廃となる件は以前の記事でもお伝えしています。 Bajes Kwartier(バイエスクォーター)では雨水をグリーンタワーを中心とする緑化された各建物のルーフで集められ、さらに浄化された上でこのエリアに提供される。また、周辺環境の空気を綺麗にするために緑を豊富にするだけでなく、自動車の往来も極力削減されることになっている。 住居や各施設などから排出されるゴミはバイオガスとして地熱システムの供給にも使用される。 これらの最新建築技術が投入されるBajes Kwartier(バイエスクォーター)ではサスティナブルエナジーや素材のリユースなど試験的なエリアとなり、アムステルダムでサーキュラーエコノミーを象徴するモデル都市となる。   Sponsored Links

世界初の完全プラスチックフリーのEkoplaza LAB(エコプラザラボ)

世界初の完全プラスチックフリーのEkoplaza LAB(エコプラザラボ)

Sponsored Links 自転車から10分以内の距離に新しく作られた世界初の完全プラスチックフリーのEkoplaza LAB(エコプラザラボ)に行ってきました。 Ekoplaza(エコプラザ)は環境と健康に配慮されたオーガニック製品を扱うスーパーでオランダ各地に展開されている。同じくオーガニック製品を取り扱うMarqt(マルクト)同様、現在アムステルダムでは10店舗程がある。   Ekoplaza LAB(エコプラザラボ)はイギリスのA Plastic PlanetとEkoplazaによる取組みで、世界初のプラスチックで作られた包装を一切使用しないスーパーとなる。2018年2月にOud-West(オールドウェスト)のJan Pieter Heijestraatの同店舗隣にオープンした。 このエリアは観光客にも人気のVondelpark(フォンデルパーク)から徒歩でも行ける距離で、バーやカフェ、オーガニック系のレストランなども多く点在する地元でも人気がある地域。 Ekoplaza LABでは、店内で販売されている約700種類の商品の全てが生分解可能な素材で作られた袋で包装されている。 実際に触ってみるとプラスチックのような感触で、言われなければ気付かないかもしれない。 店内の照明は落とし気味なのか、全体的に少し暗い感じがした。 EKOPLAZAは今後オランダに展開する全74店舗にもプラスチックフリーコーナーの設置を計画している。 食品や飲料の包装は他の物へ転じるのが困難で汚染もされやすく新たな価値を生むのが困難となりサーキュラーエコノミーには属さないとされている。食品販売業のセクターはプラスチック包装の需要は全体の40%も占めている。   世界では毎分100万本以上のボトルが消費されており、そのうちのほとんどが飲料用として使われているが、リサイクルされているのはたった9%以下となっている。これは水をその場で浄化するテクノロジーを使って消費ボトルの本数をなくす取り組み。 高機能な浄水器を置いてるだけのような気もするが、オランダでは一部問題にももなっている水に溶け出している化学薬品まで綺麗になるのであれば素晴らしいかもしれない。

2050年までにオランダの全世帯でガス供給を廃止へ

2050年までにオランダの全世帯でガス供給を廃止へ

オランダの与党・自由民主党(VVD)など4党は、今後新たに作られる住宅はガス供給からの切り離しを目指す法案の導入を計画している。工場などで発生した熱を利用した地熱システムなど、代替の温熱システム導入への切り替えを目指す。 フローニンゲンのガス田への依存を減らすことで地震誘発のリスクを軽減することが目的となり、今後全ての新しい住宅では、高価過ぎるなど余程の理由がない限りガス管への接続は出来なくなる。 連邦議会は2050年までにオランダの全6百万世帯をガス供給からの切り離しを目指しており、本法案の発効は2019年を目標としている。 またオランダ政府は、2013 年 10 月に発表した「Climate Agenda for 2030」では 2050 年に、1990 年比 で 80~95%の CO2 削減や、再生可能な原料の使用に完全に移行することを目指す国家原料協定に国内の民間部門、政府機関、NGOと合意したと発表している。

アムステルダム 新開発エリア特集 Vol. 1 “Het Hamerkwartier(ハーメルクォーター)”

アムステルダム 新開発エリア特集 Vol. 1 “Het Hamerkwartier(ハーメルクォーター)”

移住者の急増にともない住宅供給不足が続くアムステルダムでは市街地の拡大が進められています。 ここでは将来アムステルダムに誕生する街が誕生する開発計画区域を紹介します。 Amsterdam Noord(アムステルダム・ノールト) アムステルダムの中でも今後の発展が期待されるエリアでも特に注目のAmsterdam-Noord(アムステルダム・ノールト)。 現在建設中のメトロNoord/Zuid線(2018年7月開通予定)でセントラルへ直結するため交通の便も良くなります。               ただ、Noordでこれから盛り上がりそうなエリアはメトロ沿線だけではないようです。   Het Hamerkwartier(ハーメルクォーター) セントラル駅からフェリーで渡れるIJpleinから少し北へ進んだ辺りに交差するHamerstraat(ハーメル通り)。 この辺りは19世紀から1980年代半ばまで造船所や金属加工など多くの工場が密集していた産業エリアで、ここに2020年から2040年にかけて大規模な開発計画が進められHet Hamerkwartier(ハーメルクォーター)と呼ばれる街が作られます。     1980~90年代にかけ、この辺りにあった運送会社などが撤退して以降、GSUSやPand Noordなど様々な業種の新しい企業、またカフェやレストランなどが集まりクリエイティブなエリアに変貌を遂げている。 約500㎡の開発区域には6700戸もの集合アパートや60mの高層アパートから構成される住宅、総面積22万㎡の商業エリアには学校や介護施設、レストランやカフェなど、その他文化施設などが建設予定になっている。 住居はソーシャルハウジングや中間層向けの賃貸及び購入物件、また高所得者向け物件など様々な収入層やセグメントへ対応する。同市のサステナビリティ推進計画によりこの地域もガスを使用しない環境に配慮される。             この辺りは自転車道や歩道などインフラも再整備される予定で、フェリー乗り場のSixhavenからJavaアイランドまで橋が建設されるため自転車でセントラルまで行けるようになります。 Noordのこの辺りがセントラルと繋がってしまえば、2040年頃のアムステルダムでは位置的にほぼ中心になるため今後の大きな可能性がありそうです。