オランダ現代建築探訪 建築家集団MVRDVの「WoZoCo(オクラホマ)」

オランダ現代建築探訪 建築家集団MVRDVの「WoZoCo(オクラホマ)」

Sponsored Links アムステルダム旧市街中心部は世界遺産にも指定されており、運河が縦横無尽にある17世紀の古い街並みが広がっていますが、現在開発が進んでいるアムステルダム郊外には世界的に有名な建築デザイナーによる先進的な建築物も多く見られます。 高齢者向け集合住宅「WoZoCo(オクラホマ)」 アムステルダム西部にあるNieuw-West(ニューウエスト)地区は第二次世界大戦以降に作られたエリアで、中心部には湖Sloterplas(スローテルプラス湖)が広がる大きな公園と、小さなショップや住宅が建ち並ぶエリア。 この静かな住宅街にあるオランダ現代建築の作品があるということで見に行ってきました。 オランダのロッテルダムを拠点とする建築家集団「MRDVD」によるWoZoCo(オクラホマ)は1997年竣工された住戸数100戸の集合住宅。 高齢者向け住宅には見えないデザイン オランダ・ロッテルダムの建築家集団「MVRDV」 MVRDVは1993年に設立されたロッテルダムを拠点とする建築家集団で、現代の建築と都市の問題を解決するために世界中で活躍するプロジェクト。日本では表参道に突き出すバルコニーが印象的なGYRE(ジャイル)ビルがよく知られている。 MVRDV:https://www.mvrdv.nl/en/projects/wozoco   WoZoCo「オクラホマ」へのアクセス 場所:Reimerswaalstraat(ライメルスワール通り)駅から徒歩6分 NS Lelylaan駅から17番トラムに乗り継ぎ、Hoekenes駅下車徒歩11分   Sponsored Links

アムステルダム 新開発エリア特集 Vol. 3 “Het Amstelkwartier(アムステルクォーター)”

アムステルダム 新開発エリア特集 Vol. 3 “Het Amstelkwartier(アムステルクォーター)”

Sponsored Links Amstel(アムステル川) Amstel(アムステル川)は南ホラント州からアムステルダム中心部の各運河へ接続しアイ湾へと流入する全長31kmの川で、アムステルダムの語源にもなったことでも知られています。 今回はアムステルダムの南東部、アムステル川沿いのDe Omval(デ・オンヴァル)地区に開発されるエリア、Het Amstelkwartier(アムステルクォーター)をご紹介します。   ユトレヒトやロッテルダム方面へ連絡するアムステル駅やPHILIPSの本社ビルが建つアムステルビジネスパークがあるこのエリアは近年高層マンションも建設されており急速に開発が進んでいます。 アムステルクォーターは、デ・オンヴァルを南北に走るSpaklerweg(スパクラー通り)の西側から南はDuivendrecht(ダイフェンドレヒト)までのアムステル川に囲まれた自然環境豊かな街の建設が計画されています。   旧南部ガス工場跡地 (Zuidergasfabriek) ここには1909年から1967年までガス工場があった場所で、工場跡地に残る6棟の建造物は記念建造物として保護されており、今後は住居としても使用されることになる。開発に先駆け2015年から1年間かけて工場跡地の土壌汚染対策も行われた。   Het Amstelkwartier(アムステルクォーター)開発計画概要 工事期間は2005年から2020頃までとなり、3300戸の住居に学校や公園に小さな港、その他ホテルやレストラン、ケータリング向けのビジネスエリアなども建設予定となっている。 第1フェーズは既に一部完了しており、住居数1500戸や学校施設、Somerlust公園が作られています。 2018年中頃開始の第2フェーズでは、住宅数1500戸、ショッピングセンター、学校施設などの建築や公園の整備も行われることになっており、住宅のセグメンテーションはソーシャルハウジング40%、高級住宅20%、一般住宅40%に分けられます。 セントラル駅まではメトロSpaklerweg(スパクラー通り)駅から51, 53, 54番で所要時間は8分。 アムステルクォーターから西側はアムステル川が広がり視界が遮られないため開放的な街になりそうです。   以下は完成予想イメージ

オランダの水上建築技術がビジネスを加速させる

オランダの水上建築技術がビジネスを加速させる

オランダ発の水上に浮かぶ建築技術が欧州や世界各国での需要が増えてきているようです。 アムステルダムにはIJBURGという水上に浮かぶ世界最大の住宅街があります。   以前私が生活していたカナダのトロントでは、 オランダと共同でウォーターフロント開発を行っています。   日本では関西を流れる淀川堤防はオランダの治水技師によって作られたものですね。 https://www.wallpaper.com/architecture/latest-floating-architecture-projects